猫と肉球建築士

猫たちが快適に暮らせるように工夫を凝らした家のことや,DIYの紹介とその他の雑談


猫と肉球建築士
~猫たちへささげるDIYブログ~
へようこそ!

寝室への猫の侵入を防げ!その③

久しぶりに寝室シリーズの更新です

前回までのあらすじ
妻の妊娠と長男の誕生を機に
寝室への猫の出入りを禁止したけど
やっぱり猫は
あの手この手で侵入を試み
私の予想を超えた方法で
侵入を繰り返しますimage​​​​​


①170cm超の扉をつくるも、
軽く飛び越えたので
扉の上も木製の柵でガード
記事はこちら:寝室への猫の侵入を防げ! - 肉球建築士による猫のための住まいづくり


②木製の柵の隙間に
無理矢理体を突っ込み突破
両面テープのベタベタで凌ぐも
破られるのは時間か
記事はこちら:

寝室への猫の侵入を防げ!その② - 肉球建築士による猫のための住まいづくり



どうしても入りたがる
寂しがり屋のだんくん

f:id:nikkyu-ken:20190627215023j:image

失敗の原因は
一番上の丸棒と天井との隙間は75mmと
少し広めにしたことです

f:id:nikkyu-ken:20190627215039j:image

なぜ、こんな設計をしたかって?
だって、
解放感のある見た目にしたかったもんですから...

無理矢理つっこめば体が通らなくもない
けど、通ったところで

そのまま2m下の床まで落ちてしまうから

さすがに猫も恐怖を感じて
そんな無茶はしないだろうと
たかをくくっていました

f:id:nikkyu-ken:20190627215049j:image

なめてましたね...

普通の人だったら恐怖を感じるんでしょうけど
猫は目的地へ到達するためなら
失敗を恐れず勇猛果敢に突っ込みますからね

とくにだんくんは

もちろんダメでした...

両面テープの効果も薄れ、
何度も侵入を許してしまいました

ということで、
ついに丸棒を追加しました

 

これで弱点だった一番上の隙間は
むしろ一番狭くなりました


丸棒のピッチが等間隔ではなくなったのが
とっても悔しいけど、
全部を作り直す気力は残ってないし、
もう仕方ないでしょ

侵入防止が最優先てことで

 

さあ!どんとこい!

...って、また侵入されとるやないかーい!

nikkyu-ken.hatenablog.com