猫と肉球建築士

猫たちが快適に暮らせるように工夫を凝らした家のことや,DIYの紹介とその他の雑談


猫と肉球建築士
~猫たちへささげるDIYブログ~
へようこそ!

新築だけど猫の爪痕がそこかしこに

引っ越しして1年半が過ぎましたが
早くも床や壁の一部はボロボロです
今回はそんな猫たちの爪痕をご紹介します

いろいろあるんですが、1番目につく被害は階段の踏み面です

f:id:nikkyu-ken:20190626221148j:image

猫たちにとっても,この階段は1階と2階をつなぐメインの通路です
踏み面は「Jパネル」と呼ばれる杉材に
赤茶色の保護塗料を塗っています
保護といっても、腐食を押さえるための塗料なので爪で簡単に削れます

 

第1コーナーの熾烈なコーナー争いの痕跡で
1年半でこの有り様となりました
主にだんくんがハイテンションで走り回る際に削っています

 

ハイテンション猫のだんくんはコチラ↓

ほの嬢との温度差を感じて頂けると思います

 

ちなみにこちらは入居から6カ月の頃

f:id:nikkyu-ken:20190626221343j:image

あおちゃん「わたしじゃないよ!おにいちゃんがやったの」

半年間で既に傷だらけになってますね・・・


反省点
まず、表面が柔らかい杉材を選択したのが間違いでした
簡単に傷が付きます
さらに、杉材の本来の色と違う色で塗ったのもマズかったです
削れた部分が白くなるので目立ちます

杉材を使用するならクリアの保護塗料にすれば良かったです
窓の額縁も杉材と保護塗料の組み合わせなので
こちらも傷が目立ちます…

階段と窓の額縁と、建具の枠については着色しないで、
杉材本来の日焼けによる経年変化を楽しむのも良かったなと
今になって少し後悔しています

ですが・・・

 

猫と暮らしていなくても傷は付きます!

 

傷を付けた事に後悔してたらキリがありません

だから,むしろこの家に住んだ記憶を刻んでいるんだと

自分の心に言い聞かせながら暮らしてゆく事にします